2023年9月20日 (水)

「日記をつける注意(一)」斎藤喜博。

「日記をつける注意」

『斎藤喜博全集1』国土社、1969年(474-475頁)。

 

 私は児童の日記を単に個人別に検閲し指導するだけでなく、常に全体的な指導も続けている。すなわち、全児童の日記をひととおり見た結果、心づいたことを引きぬいてまとめ、これをプリントして全児童に渡し、説明するのである。

 このプリント「日記をつける注意」は連続していくので、だんだんと指導されてた、また指導した経過がわかっておもしろい。

 つぎに五年女生に与えたプリントの最初のものを記してみる。

 

日記をつける注意(一)

◯真実の心の姿を書くこと。

 ありのままの心、ありのままの感想を正直に書きなさい。

 ほんとうの皆さんの心の姿のあらわれている日記が尊いのです。

 毎日毎日同じことが書いてある日記は、読んでいて心を打たれる何ものもありません。心を打たれるもののないのは、ほんとうに皆さんの心が書いてないからです。

◯その日その日の反省すべき問題、また最も心に感じた問題を選び出して日記につけなさい。それが反省となり感想となるのです。

◯そしてくだらないことを長々しく書かないようにしなさい。

 最も強く心に浮かんでいるもの、それだけをできるだけ細かく自分の心に聞いて書きなさい。

 それが日記としてもまた綴り方としてもよいのです。

◯できるだけ漢字を使うように努力しなさい。努力して使っているうちに漢字はおぼえられるものです。

◯ただ「きょうは勉強がよくできてうれしい」「きょうはできるなくてなさけない」などと書く人はだめです。

 こんな人こそほんとうになさけないと思います。よくできたらどうしてよくできたのか、できないのはどうしてか、それらについて細かい深い反省ができるはずです。またそのほかいろいろの細かい感じも心には起こっているはずです。それらを正直に書くのです。それがあなた方の真実の姿なのです。

◯先生のところへ出すのを楽しみにしている人がいいますが、たいへんよい心がけだと思います。先生もそういう人のをいっそう楽しみにして見ています。(七月十七日までの日記を見て)

2023年8月30日 (水)

教育者・島木赤彦(6)

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』岩波書店、1994年(第6刷)。

「単純化」『歌道小見』より(43頁)

歌われる事象は、歌う主観が全心的に集中されれば、されるほど単一化されてまいります。写生が事象の核心を捉えようとするのも、同じく単一化を目ざすことになるのでありまして、単一化は要するに全心の一点に集中する状態であります。この消息の分からぬ人々が、短歌に、複雑な事象や、もしくは哲理や思想など駢列して得意としております。そういう人々は、短歌を事件的に外面的に取扱っているのでありまして、短歌究極の願いが、一点の単純所に澄み入るにあることを知らないのであります。

 

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』(岩波書店)

教育者・島木赤彦(5)

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』岩波書店、1994年(第6刷)。

「歌の調子」『歌道小見』より(32−33頁)

短歌における表現は、単に歌の言語の持つ意味の上に現れて、それで足りているとすることはできません。その表現しようとする感動の調子が、歌の各言語の響きや、それらの響を聯(つら)ねた全体の節奏の上に現れて、初めて歌の生命を持ち得るのであります。歌の言語の響き・節奏これを歌の調べ・調子もしくは声調・格調などと言います。

我々の感動は、伸び伸びと働く場合、ゆるゆると働く場合、切迫して働く場合、沈潜して働く場合というように、個々の感動に皆特殊の調子があります。その調子が、宛らに歌の言語の響きや全体の節奏に現れて、初めて表現の要求が充(みた)されるのであります。この調子の現れは、意味の現れと相軒輊(あいけんち)するところないほど、短歌表現上の重要な要求になるのでありまして、古来より秀作は、皆、歌の調子が作者感動の調子と快適に合っているため、永久の生命を持つほどの力となっているのであります。

 

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』(岩波書店)

2023年8月29日 (火)

教育者・島木赤彦(4)

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』岩波書店、1994年(第6刷)、27-28頁。

「写生」『歌道小見』より

私どもの心は、具体的事象との接触によって感動を起こします。感動の対象となって心に触れ来る事象は、その相触るる状態が、事象の姿であると共に、感動の姿でもあるのであります。さような接触の状態を、そのままに歌にあらわすことは、同時に感動の状態をそのままに歌に現すことにもなるのでありまして、この表現の道を写生と呼んでおります。私の前に直接表現と言うたのも、多くこの写生道と相伴います。感動の直接表現といえば、嬉しいとか、悲しいとか、寂しいとか、懐かしいとか、いわゆる主観的言語を以て現すことであると思う人が多いのでありますが、実際は多くはそうでないのであります。一体、悲しいとか、嬉しいとかいう種類の詞は、各人個々の感情生活から抽出された詞でありまして、いわゆる感情の概念であります。概念は一般に通じて特殊なる個々に当て嵌まりません。我々の現したいものは、個々特殊なる感情生活ではありますから、概念的言語を以て緊密に表現することはむずかしいのであります。かなしいと言えば甲にも乙にも通じます。しかし、決して甲の特殊な悲しみをも、乙の特殊な悲しみをも現しません。歌に写生の必要なのは、ここから生じてきます。つまり、感情活動の直接表現を目ざすからであります。

 

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』(岩波書店)

2023年6月14日 (水)

教育者・島木赤彦(3)

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』岩波書店、1994年(第6刷)、26頁。

「歌を作す第一義」『歌道小見』より

自己の歌をなすは、全心の集中から出ねばなりません。これは歌を作すの第一義でありまして、この一義を過って出発したら、終生歌らしい歌を得ることは出来ません。自ら全心の集中と思うものでも、案外、一時的発作に終わるような感動があります。さような感動は、数日を経過し、十数日を経過するに及んで、心境から霧消しております。そういうものは、自己の根底所に根ざした全心の集中とは言われません。そうして見ると、歌を作す機会は、存外多くあるものではありません。心の中に軽く動いて軽く去るような感動は、それをどう現しても、要するに軽易な作品に堕ちてしまいます。

 

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』(岩波書店)

«教育者・島木赤彦(2)