文化・芸術

2023年8月30日 (水)

教育者・島木赤彦(6)

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』岩波書店、1994年(第6刷)。

「単純化」『歌道小見』より(43頁)

歌われる事象は、歌う主観が全心的に集中されれば、されるほど単一化されてまいります。写生が事象の核心を捉えようとするのも、同じく単一化を目ざすことになるのでありまして、単一化は要するに全心の一点に集中する状態であります。この消息の分からぬ人々が、短歌に、複雑な事象や、もしくは哲理や思想など駢列して得意としております。そういう人々は、短歌を事件的に外面的に取扱っているのでありまして、短歌究極の願いが、一点の単純所に澄み入るにあることを知らないのであります。

 

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』(岩波書店)

教育者・島木赤彦(5)

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』岩波書店、1994年(第6刷)。

「歌の調子」『歌道小見』より(32−33頁)

短歌における表現は、単に歌の言語の持つ意味の上に現れて、それで足りているとすることはできません。その表現しようとする感動の調子が、歌の各言語の響きや、それらの響を聯(つら)ねた全体の節奏の上に現れて、初めて歌の生命を持ち得るのであります。歌の言語の響き・節奏これを歌の調べ・調子もしくは声調・格調などと言います。

我々の感動は、伸び伸びと働く場合、ゆるゆると働く場合、切迫して働く場合、沈潜して働く場合というように、個々の感動に皆特殊の調子があります。その調子が、宛らに歌の言語の響きや全体の節奏に現れて、初めて表現の要求が充(みた)されるのであります。この調子の現れは、意味の現れと相軒輊(あいけんち)するところないほど、短歌表現上の重要な要求になるのでありまして、古来より秀作は、皆、歌の調子が作者感動の調子と快適に合っているため、永久の生命を持つほどの力となっているのであります。

 

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』(岩波書店)

2023年8月29日 (火)

教育者・島木赤彦(4)

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』岩波書店、1994年(第6刷)、27-28頁。

「写生」『歌道小見』より

私どもの心は、具体的事象との接触によって感動を起こします。感動の対象となって心に触れ来る事象は、その相触るる状態が、事象の姿であると共に、感動の姿でもあるのであります。さような接触の状態を、そのままに歌にあらわすことは、同時に感動の状態をそのままに歌に現すことにもなるのでありまして、この表現の道を写生と呼んでおります。私の前に直接表現と言うたのも、多くこの写生道と相伴います。感動の直接表現といえば、嬉しいとか、悲しいとか、寂しいとか、懐かしいとか、いわゆる主観的言語を以て現すことであると思う人が多いのでありますが、実際は多くはそうでないのであります。一体、悲しいとか、嬉しいとかいう種類の詞は、各人個々の感情生活から抽出された詞でありまして、いわゆる感情の概念であります。概念は一般に通じて特殊なる個々に当て嵌まりません。我々の現したいものは、個々特殊なる感情生活ではありますから、概念的言語を以て緊密に表現することはむずかしいのであります。かなしいと言えば甲にも乙にも通じます。しかし、決して甲の特殊な悲しみをも、乙の特殊な悲しみをも現しません。歌に写生の必要なのは、ここから生じてきます。つまり、感情活動の直接表現を目ざすからであります。

 

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』(岩波書店)

2023年6月14日 (水)

教育者・島木赤彦(3)

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』岩波書店、1994年(第6刷)、26頁。

「歌を作す第一義」『歌道小見』より

自己の歌をなすは、全心の集中から出ねばなりません。これは歌を作すの第一義でありまして、この一義を過って出発したら、終生歌らしい歌を得ることは出来ません。自ら全心の集中と思うものでも、案外、一時的発作に終わるような感動があります。さような感動は、数日を経過し、十数日を経過するに及んで、心境から霧消しております。そういうものは、自己の根底所に根ざした全心の集中とは言われません。そうして見ると、歌を作す機会は、存外多くあるものではありません。心の中に軽く動いて軽く去るような感動は、それをどう現しても、要するに軽易な作品に堕ちてしまいます。

 

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』(岩波書店)

2023年6月13日 (火)

教育者・島木赤彦(2)

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』岩波書店、1994年(第6刷)、23−24頁。

「古歌集と自己の個性」『歌道小見』より

私が、万葉集及びその系統を引いている諸歌集に親しむことが大切であると言うのに対して、世間往々反対の説をなすものがあります。歌は素と作者自身の感情を三十一音の韻律として現すべきものである。それであるのに、千年以上も昔の歌集を読んで歌の道を修めよというのは、生き生きした現代人の心を殺して、千年前の人心に屈服せしめようとするものであって、少くも現代人の個性は現れるはずがないというのであります。この説一通り後尤もでありますが、人間の根本所に徹して考えた詞でありません。歌には歌の大道がある。その大道の由って来る所に礼拝するのは、自分の今踏まんとする大道を礼拝することであり、自分の踏まんとする大道を礼拝することは、自分の個性を尊重する所以になるのであります。仏教の真の行者は、皆、己れを空しくして釈尊の前に礼拝します。己れを空しくし、いよいよ空しくして、一向専念仏に仕うる行者にして、初めて、真の個性を発現させることが出来ます。法然、親鸞、道元、日蓮の徒皆この類でありましょう。この消息に徹せずして、今人説く所の個性は、多く目前の小我でありまして、有るも無きももよく、無ければなおさらよいほどの個性であります。

 

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』(岩波書店)

2023年6月10日 (土)

教育者・島木赤彦(1)

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』岩波書店、1994年(第6刷)、11−12頁。

「古来の歌」『歌道小見』より

短歌は、最も古くから日本に生れた詩の一体であって、それが長い間の流れをなして今日に伝わっているのでありますから、歌の道にあるほどの人は、古来の歌の中で、少くも権威を持っている歌人の歌を知る必要があります。そうでないと、往々、一人よがりの作品に甘ずるような結果を生じます。明治三十年代和歌革新以後にあって、多少素質のいい作品を遺したと思われる人の歌を見ても、この人が、どれほどまで古人の歌の前に礼拝したかということを思うて、その作品に、或る遺憾を感ずる場合があります。

我々は、自分が生れる時授けられた性情の一面を歪めたり、遺却したりして生長しているのが普通であります。現世の環境に歪みがあり、虧欠があるからでありましょう。その遺却さえ歪められたものが、古人の作品に接触うることによって、覚まされたり、補われたりすることが多いのでありまして、さような問題に無関心で歌を作している人は、自分では自分全体を投げ出しているつもりでも、それが、なお、一人よがりに終る場合が多いようであります。勿論、古人の作品に接することが、自己を覚醒し補足することの全部であるとは思いませんが、歌の道にあるものが歌の由来する所を温ねて、そこから啓示されるということは、直接で自然な道であろうと思います。歌に入ろうとする人も歌の道に久しくおる人も、この意味で、古人の作品に常に親しむことが結構であると思います。それは、古人の作品を見本にして歌を作すこととは違います。

 

島木赤彦著『歌道小見・随見録-他一篇』(岩波書店)